今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

よくやった!鹿島アントラーズ、レアル・マドリーに一歩及ばずもFIFAクラブワールドカップ準優勝!!

[ 総合ニュース ]スポーツ

よくやった!鹿島アントラーズ、レアル・マドリーに一歩及ばずもFIFAクラブワールドカップ準優勝!!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

アントラーズを舐めていたレアル。「 4-2 」のスコア以上に苦しんだ結果に

出典 http://www.jfa.jp

 FIFAクラブ・ワールドカップの全日程が終了した。予想通り、レアル・マドリーが世界一の称号を手に入れたが、我らがJリーグ王者の鹿島アントラーズがスコア以上の結果を残し、世界中の注目を集める結果に。


 前後半終了した時点で、


2-2



 スロースタートをきったレアルに対し、徐々にパフォーマンスを向上しレアルのサッカーにフィットしたアントラーズ。
 同レベルでの戦い、柴崎岳のワールドクラスのゴールと見応え充分の試合であったということは間違いない。


延長戦で2失点。数少ないチャンスをものにしたレアルの勝負強さ



 延長戦に入り、両クラブとも足が止まる場面が見受けられ、パフォーマンスが低下。
 “ ジーコ魂 ”を体現したアントラーズは、最後まで勝ちにこだわり続けレアルのゴールマウスを脅かすも、牙城を切り崩すことができず。


 一方で、レアルは数少ないチャンスをFWクリスティアーノ・ロナウドが2得点をマークするなど勝負強さを見せた。
 最終的に、


4-2



 という、結果に。
 得点以上に、肉薄した戦いは賞賛の嵐。レアルのそれよりも、アントラーズのパフォーマンスの評価がよりいっそう高まったことは間違いないのかもしれない。


レアル、アントラーズ、両クラブともベストメンバーで世界一を強奪


 世界一の称号を獲得するべく、両クラブともスタメンにベストメンバー。


レアル・マドリー

GK

 ケイラー・ナバス

DF

 ダニエル・カルバハル
 セルヒオ・ラモス
 ラファエル・ヴァラン
 マルセロ

MF

 トニ・クロース
 カゼミーロ
 ルカ・モドリッチ

FW

 ルーカス・バスケス
 カリム・ベンゼマ
 クリスティアーノ・ロナウド



鹿島アントラーズ

GK

 曽ケ端 準

DF

 西 大伍
 植田 直通
 昌子 源
 山本 修斗

MF

 小笠原 満男
 永木 亮太
 遠藤 康
 柴崎 岳

FW

 金崎 夢生
 土居 聖真

出典 http://www.hochi.co.jp

前半9分にベンゼマが先制ゴール

出典 http://daily.c.yimg.jp



 突如として訪れた、チャンスにベンゼマのゴールで先制。
 ゴール前でバランスを崩したベンゼマの元にボールが転がり込む。見事なボディーバランスで、こぼれ球を押し込む。


 前半9分、レアル・マドリードがFWベンゼマのゴールで先制した。
 ピッチを広くつかって鹿島を揺さぶるレアルは、前半9分、右サイドからパスを受けたモドリッチが強烈なミドルシュートを放つ。これをGK曽ヶ端がはじいたが、詰めていたベンゼマが反応して押し込んだ。
 試合開始直後から、前線から積極的に守備をする鹿島だったが、早い時間帯での失点となった。

出典 http://www.daily.co.jp

柴崎岳、圧巻の同点ゴールで前半を折り返す

出典 http://amd.c.yimg.jp



 前半戦の終了間際に、これぞ柴崎というゴールで同点。アントラーズ側にとって、決定的なチャンスを決め同点に。
 石井正忠監督のゲームプランは崩れたとの解説も合ったが、結果的に視てこれが最良のゴールだったのかもしれない。


 鹿島が柴崎岳のゴールで同点に追いついた。このまま前半を終え、1-1で試合を折り返した。

 0-1で迎えた前半44分。左サイドに展開していた土居からクロスが入った。柴崎のトラップは若干、前に大きくなったが、これが幸いしてレアルDFバランは処理できず。そのまま柴崎は左足を振り抜き、ゴール右隅に流し込んだ。

 前半9分にレアルはモドリッチのミドルをGK曽ヶ端がはじいたところをベンゼマが詰めて、先制していた。しかし、その後は鹿島のDF昌子、MF小笠原を中心とした粘り強い守備で追加点を許さなかった。失点の直後、レアルのジダン監督は、やや険しい表情で戦況を見つめていた。

出典 http://news.livedoor.com

辛口解説の元日本代表監督岡田武史氏、「 クリスティアーノ・ロナウド、大したことねぇ 」

出典 http://img.news.goo.ne.jp




 確かに、FIFAクラブ・ワールドカップ期間中の、C・ロナウドのパフォーマンスはパッとしなかった。
 バロンドール賞を獲得し、意気揚々とクラブ・ワールドカップに挑んでいたことは間違いないが、スペインで巨額の脱税疑惑を指摘されたため、精神的に不安定な部分があり、ピッチ上でのパフォーマンスが精彩を欠いていたいのかもしれない。



 日本テレビによる中継に出演している岡田武史氏(FC今治オーナー、日本サッカー協会副会長、元日本代表監督)が、軽妙なトークで鹿島を鼓舞した。前半45分間でノーゴールのC・ロナウドについて「ロナウド、大したことないねえ」とピッチ解説の城彰二氏に話題を振るなど、頂上決戦の見どころを分かりやすく表現した。

 キックオフ直後から鹿島が劣勢になることは理解した上で、「(10回試合をしたら)8回か9回負けるでしょうけど、残りの1回をここに持ってきたらいいだけですから」と表現して、鹿島の奮闘を望んでいた。

 前半、レアルの攻撃陣はFWベンゼマ、MFクロース、MFモドリッチが攻撃の核となり、鹿島に圧力をかけていた。しかし、右FWのバスケスが孤立しているシーンがあるとしてそこから反撃のチャンスがあると解説したり、レアルが鹿島の守備を攻めあぐねているのを見て「いけるかも分からないなと思って今、見ているんですけど」と期待を募らせていた。

出典 http://news.goo.ne.jp

後半開始早々、柴崎が追加点! レアルを本気にさせる逆転弾

出典 http://daily.c.yimg.jp


 柴崎岳がワールドクラスのゴールを叩き出した。後半9分に、ペナルティエリアを固められた状態から左サイドへ流れた柴咲がゴール左隅に叩き込む。
 このゴールが、欧州王者のレアルのプライドに火をつけた。

 柴崎岳が勝ち越しゴールを決めた。2-1と勝ち越した。
 1-1で迎えた後半7分、ペナルティエリア付近でボールを受けた柴崎は3人に囲まれた状態から左サイド方向へ持ち出した。コースがゴール左隅に空いたと見るやためらわずにシュート。GKナバスも止めきれずゴールネットを揺らした。直後にはC・ロナウドが、何か言葉を発するシーンもテレビ中継で見受けられた。

出典 http://www.daily.co.jp

2-1と苦戦を強いられるレアル、逆転を許した後にアントラーズがPKを献上

出典 http://daily.c.yimg.jp



 後半12分に、右サイドを突破したルーカス・バスケスがペナルティエリア内で倒されPKを献上。
 アントラーズDFの山本がドリブルコースの前に入ったことが審判がPKを与えることを決断することに。


 PKキッカーを務めたC・ロナウドが、慎重にゴールを決める。
 得意のゴールパフォーマンスを封印し、ゴールへ駆け込みボールを拾って試合再開を急いだ。


 レアルが後半15分、C・ロナウドのPKで同点に追いついた。スコアは2-2。
 後半12分、右サイドを突破したバスケスがエリア内で倒された。鹿島DF山本がドリブルコースの前に入ったという判定と見られる。
 PKのキッカーはC・ロナウド。時間をかけて呼吸を整えると強烈なインステップシュートをゴール左へ。ジャンプと同時に両手を振り下ろし雄たけびを上げる“クリロナポーズ”を見せる間もなく、ゴールへ駆け込みボールを拾って試合再開を急いだ。

出典 http://www.daily.co.jp

「 2-2 」で前後半終了し、延長線へ


「 2-2 」で前後半終了し、延長線へ

延長戦、計2ゴールを決めたクリスティアーノ・ロナウド、「 全然大したことない選手じゃなかった 」



 やっぱり、ワールドクラスだった。精彩を欠いていたC・ロナウドだが、最後はきっちりと決める千両役者ぶりは健在だった。
 延長戦に入り、押され気味のレアルだが、数少ない得点チャンスを見事に物にしたC・ロナウド。
 岡田武史氏の発言を吹き飛ばすようなパフォーマンスを披露し、レアル世界一の称号へ導いた。


 欧州王者のRマドリード(スペイン)が、FWクリスティアノ・ロナルドのハットトリックなどでJ1覇者鹿島を延長で下し、2大会ぶりの世界一に輝いた。

 レアルが先手を取った。前半9分、GKのこぼれ球をFWベンゼマが押し込み先制した。鹿島も反撃を開始。同44分、MF柴崎がゴールを決めて同点とし、前半を1-1で折り返した。

 後半7分、鹿島MF柴崎が一時は勝ち越しとなる2点目のゴールを決めた。レアルは同15分、PKをFWロナルドが決めて試合を振り出しに戻した。試合は前後半で決着がつかず延長戦に突入した。

 延長前半8分、ゴール前でスルーパスを受けたFWロナルドが勝ち越しゴールを決めると、同14分にもFWロナルドがダメ押しゴールを奪ってハットトリックを達成した。

出典 http://www.nikkansports.com

筆者が厳選! この日のマン・オブ・ザ・マッチは、レフェリーだった



 FIFAクラブ・ワールドカップ、定番のゲストである明石家さんま。さんまさんは、アントラーズとレアルの一戦に独自の見解を示した。
 数多くのスーパープレーを見ることができたクラブ・ワールドカップの決勝戦で最も印象に残ったのが「 レフェリー 」だった。


 これは、私も至極合意。


 明らかにレアルびいきの判定であったことは間違いない。
 セルヒオ・ラモスの2枚めのイエローカードが取り消される...その後、イエローカードを連発するなど、采配に不安を感じながらのジャッチングだったのかもしれない。


 FIFAの国際審判、そのうえ世界一のクラブを決める決勝戦という舞台を采配するだけのレフェリーではなかったと実感してしまった...
 もし、仮にセルヒオ・ラモスに2枚めのイエローカードが提示されレッドカードで退場しレアルが10人体制で戦うことが強いられることになっていれば、もしかしたら...


 欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が、開催国枠で出場した鹿島を下し、2-2で延長戦に突入する熱戦を制した。日本テレビによる中継にゲスト出演していた明石家さんまは「MVPはレフェリー」と判定への疑念を端的に語った。

 どのシーンを指しているか、放送時間が残りわずかだったため言及していないが、鹿島は主審の判定に泣かされるシーンは確かにあった。後半45分、自陣でボールを受け抜けだそうとした金崎に、すでに1度警告を受けているレアルDFセルヒオラモスが後方からファウル。しかし、主審は1度、胸のイエローカードに手をやったものの、結局出さないままプレーを再開させた。

 2度目のイエローカード=警告ならばレアルの守備の要・セルヒオラモスは退場していた。当然、その後に突入していた延長戦の試合展開も大きく変わっていただけに、鹿島にとっては悔やまれる判定だった。

出典 http://news.goo.ne.jp

アントラーズよ胸を張れ! 君たちのパフォーマンスは間違いなくワールドクラスだった




 この戦いが、Jリーグに大きく還元することを祈るばかり。
 アントラーズが体験したサッカーをリーグ戦で実践していくことができれば、向こう数年は“ 盤石な戦い ”が繰り広げられることになることは間違いないだろう。


 アントラーズの唯一の誤算は、この試合好調だった柴崎を試合途中からボランチのポジションに下げてしまったことなのかもしれない。


FIFAクラブ・ワールドカップ決勝戦、全ゴール総まとめ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
刻一刻と伝えられる衝撃的な報道や、ついついニンマリしてしまうニュースまで。コンビニのように手軽に手に取れるニュースをあなたの下へ♪